※敬称は省略させて頂く場合があります

2012年08月30日

スティング

調子に乗って、懐かしい映画話をもうひとつ。

スティング1.jpg

あまり深く考えたことはないのですが、好きな映画のひとつに『スティング』があります。
1973年公開の映画で、私もロードショーのライブは見ておりません。
二十歳ぐらいの時に名画座で見たように思います。
昔は古い名画のみを上映している映画館が結構あったんですね。

古くてご存知ない方も多いのではないかと思います。
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード主演の詐欺師の物語です。
騙しあいとスリル感がとても心地いいのですが、
最後のシーンで、見ている観客をも騙す“どんでん返し”が圧巻なのです。

このパターンはこれ以前にもあったのかもしれませんし、これ以降も時々見られますが、
この映画の最後は当時の私にとって、とんでもないインパクトでした。
今でも、観るとワクワクします。


posted by Cras at 13:15| Comment(0) | 映画

2012年08月28日

トップガン

スポーツを見ていると、アスリートの怪我が気になります。

アスリートの怪我で多いのが、靭帯の断裂・損傷ではないかと思いますが、
その痛ましい様子を見ながら、いつも思い出すことがあります。
『トップガン』という映画です。

26年前位のロードショーで、ワクワク楽しく見た記憶があります。
しかし、この映画の思い出は映画自体の印象ではなく、その時の状況でした。

右足膝靭帯断裂の怪我をして入院中に病院を抜け出し、
右足の付け根からギブスで固まった足を松葉杖で引きずりながら映画館に行ったのです。
入院で時間をもてあましていたのだと思いますが、
そこまでして観なければならなかった理由が思い出せません。

膝をギブスで固めていますので、足を伸ばしながらとても窮屈な状態であの自由で豪快な
映画を観たという微妙な思い出があります。

15997view004.jpg
posted by Cras at 23:53| Comment(2) | 映画

2012年08月24日

まだまだ酷暑

とても暑い日が続いております。

そろそろ夏の疲れが出てくる時期に入りましたが、
まだまだ続く暑さで疲れを癒すこともままなりません。

体調管理に注意が必要になってきました。

皆様、どうかお体を大切に。

残暑1.jpg

posted by Cras at 20:38| Comment(0) | 日々いろいろ

2012年08月22日

夏風邪

夏風邪をひいてしまいました。

熱が38度位まであがり、のどが痛いという症状でした。
あまりに声がひどく、仕事の電話でお話した皆様にはご迷惑をおかけいたしました。
心からお詫び申し上げます。

とても暑いので、エアコンの風が直接顔に当たるようにしていた時があったのですが、
それが原因のようです。
懇意にして頂いている方からは「エアコンの風を直接では当然です」と愛の一喝を頂戴致しました。
私は知りませんでした。転んで歩きを学びます。
ご心配をおかけいたしました。

しかし、自分の体ながら驚きます。
一番具合が悪い時は、ちょっと背中がゾクゾクして多少寒気がしている感じではあったのですが、
室温28度位の中で厚い冬用の羽毛布団の中に入っていても全然暑くならないのです。
寒気がしていたので、当たり前といえば当たり前なのですが、
普段だったら、想像しただけでも汗が噴き出しそうな状況で、寒いぐらいなのです。
回復しようとして、温かさを必要とする治癒力でしょうか。

人の体は面白いですね〜。
自分の体で人体の神秘を知りました。

そこで一句 「夏風邪に わが身の神秘 教えられ」
そのまんまですね。

夏風邪4.JPG
イメージです(夏風邪?)

posted by Cras at 23:54| Comment(0) | 日々いろいろ

2012年08月20日

HONDA NC700

最近気になるバイクのお話です。

今年、HONDAからニューミッドコンセプトシリーズとして3種類のバイクが発売されました。
669ccの同一エンジン、そして同一フレームでカテゴリーが違う3種類のバイクです。
二輪車市場では久々の盛り上がりのようです。

NC700 03.jpg


このバイク、なにが新しいのかというと、
ある程度の排気量がありながら、市街地のチョイのりもツーリングもしやすく、
そして買いやすいバイク。
つまり、低中速が乗りやすく、荷物も積めて、燃費が良く低価格、というような要素を
織り込んだバイクということのようです。

開発には、ヨーロッパの二輪車愛好家の走りを調べ、速度帯と常用回転域を把握し
今バイクに何を求めるかを抽出し、それを結実させたという話もあります。

バイクに「走り」だけを求める傾向がうすれ「トコトコ走るのもいいよ」というような、
バイクのニーズ自体が変化しているのかもしれません。

このバイクは、イメージとか価値観が画一的になり、少し硬直してしまった発想を
いろいろな楽しみ方をしていいのですよと、肩を押してくれたということのように思います。

世の中の流れみたいなものにとらわれすぎず、自分の楽しみたいように楽しみましょうよ。
という時代が、いろいろな分野に少しずつ来ている感じがいたします。


posted by Cras at 19:02| Comment(0) | バイク