※敬称は省略させて頂く場合があります

2012年08月20日

HONDA NC700

最近気になるバイクのお話です。

今年、HONDAからニューミッドコンセプトシリーズとして3種類のバイクが発売されました。
669ccの同一エンジン、そして同一フレームでカテゴリーが違う3種類のバイクです。
二輪車市場では久々の盛り上がりのようです。

NC700 03.jpg


このバイク、なにが新しいのかというと、
ある程度の排気量がありながら、市街地のチョイのりもツーリングもしやすく、
そして買いやすいバイク。
つまり、低中速が乗りやすく、荷物も積めて、燃費が良く低価格、というような要素を
織り込んだバイクということのようです。

開発には、ヨーロッパの二輪車愛好家の走りを調べ、速度帯と常用回転域を把握し
今バイクに何を求めるかを抽出し、それを結実させたという話もあります。

バイクに「走り」だけを求める傾向がうすれ「トコトコ走るのもいいよ」というような、
バイクのニーズ自体が変化しているのかもしれません。

このバイクは、イメージとか価値観が画一的になり、少し硬直してしまった発想を
いろいろな楽しみ方をしていいのですよと、肩を押してくれたということのように思います。

世の中の流れみたいなものにとらわれすぎず、自分の楽しみたいように楽しみましょうよ。
という時代が、いろいろな分野に少しずつ来ている感じがいたします。


【バイクの最新記事】
posted by Cras at 19:02| Comment(0) | バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: