※敬称は省略させて頂く場合があります

2012年11月18日

非メジャースポーツ

最近、日本の中ではメジャーでないスポーツが元気です。

マイナーと書くとなにか違う感じなので、メジャーではないだけという意味で
「非メジャースポーツ」と書かせて頂きました。

直近ではラグビー日本代表がヨーロッパ遠征で2連勝しています。
中継を見ても、以前のあたふたした感じが全然無く、自分たちのペースで粘り強くつないでいるプレーが、
とても頼もしく感じました。

そして、10月末に開催されたバドミントン世界ジュニア選手権2012の日本代表選手に感動いたしました。

男女混合の団体戦で準優勝、男子シングルス優勝、女子シングルス優勝・準優勝・ベスト4、男子ダブルス準優勝と
本当に素晴らしい結果です。
団体の準優勝、個人戦の優勝は史上初とのことです。

バドミントン世界ジュニア1.jpg

非の打ち所が無い素晴らしい結果なのですが、私が感動したのは、各選手の戦い方でした。
18歳以下の選手たちのメンタルが素晴らしいのです。

リードされていても気落ちすることも、臆することも無く、淡々と狙い続け、
追いついて逆転するメンタルの強さをすべてのメンバーが持っている感じです。

どのスポーツでもなんとなく感じるのですが、勢いがあるときは強いが、
劣勢の時に盛り返す強さが不足していると感じる日本選手のメンタルの弱さが全然見えません。
チームの全員にメンタルの強さを感じるのは、スポーツを見ていて初めてかもしれません。

どうしてこんなに素晴らしいチームが出来たのでしょう。調べたい気分です。


posted by Cras at 21:10| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: