※敬称は省略させて頂く場合があります

2013年03月29日

マリーシア

W杯最終予選ヨルダン戦のレーザー光線妨害がいろいろな所で話題になっています。
サポーターの熱意高揚が度を越した、ということだと思うのですが、
FIFAが観戦ルールの違反行為細則をきっちり作って、選手の体に直接害を与えるこういう行為は
徹底捜査をして厳罰(日本円で罰金500万円と永久観戦禁止等々)とすれば面白い感じがしますね。
それだけのリスクを負ってもやるのであれば、それはそれでスポーツ的です。

この話題から発展して、『マリーシア』に関しても論じられているようです。
ポルトガル語で「ずる賢さ」を表すことばで、色々な行為が含まれます。
勝っている試合での時間稼ぎやファールすれすれの行為などを言っているようですが、
プレー中の時間稼ぎなどは全くルール違反ではありませんので当たり前のプレーという気がしますし、
ユニホームを引っ張る行為等は基本的にはファールですが、審判に見えるか見えないかで、
イエローカードやレッドカードのリスクを負っているわけですから、これはこれで面白い駆け引きです。

ゴール前で完全フリーになるのを止める為のファールと同じ考え方です。
そこでファールをして止める方が、ペナルティキックの確率にゆだねることが出来ます。
こちらの方が正解ですよね。
スポーツはルールの中で行われていますので、こういう広がりがスポーツの面白さという気がいたします。

マリーシア1.jpg


posted by Cras at 15:49| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: